noteの市販薬解説はこちら!

漢方薬は2種類以上飲んでも大丈夫?

漢方薬は2種類以上処方されることがあります。

この場合は医師が2種類以上必要で処方しているため問題ないですが、漢方薬を処方してもらって飲んでいる時に市販薬などで漢方薬を追加する場合はどうでしょうか?

今回は、漢方薬を2種類以上飲むときの考え方について解説します。

2種類以上飲むのは可能?

最初にも述べたように、漢方を2種類以上飲むことは可能です。ただし、安心していいのは医師が大丈夫と判断して処方した場合です。

医師に処方してもらった薬を飲んでいる状態で他の病院を受診した場合、必ず今飲んでいる漢方薬を伝えるようにしましょう。

新たに処方してもらう薬は、今飲んでいる薬を考慮して処方してくれるはずなので、基本的には一緒に飲んで問題ありません。(薬局でも今飲んでいる薬は伝えてくださいね)

一方で、新たに市販薬を購入する場合は注意が必要です。市販の漢方薬の説明文書には飲み合わせの細かいことは書いていません。店員さんに飲みあわせを確認してもらっても、一緒に飲んで大丈夫と言われることもあるかと思います。

実際に合わせて飲んでも大丈夫ですが、副作用のリスクが高まったり、効果を打ち消しあってしまったりする可能性もあることは知っておいていただきたいです。

少しあいまいな回答になってしまいましたが、漢方の飲み合わせについてもう少し詳しく解説します。

漢方薬の飲み合わせの考え方

服用の可否は置いておいて、飲み合わせの考え方を紹介します。

成分の重複で考える

これは分かりやすい考え方ですね。成分が重複してないほうがいいので、それぞれの成分を照らし合わせれば分かります。

ただし、漢方薬の場合は成分が重複するのが普通なので、量が多くなり過ぎないようにする、といった考え方のほうが良いでしょう。

例えば有名なのは甘草(カンゾウ)です。この甘草の量が増えれば増えるほど、偽アルドステロン症という副作用のリスクが高まります。

他にも麻黄(マオウ)附子(ブシ)大黄(ダイオウ)なども重複して量が増えると副作用のリスクが高くなるので注意が必要です。

●甘草

グリチルリチンを含んでいて、偽アルドステロン症の副作用が起きやすくなる(むくみや血圧上昇、手足のしびれなど)

●麻黄

興奮作用をもつエフェドリンを含んでいるため、動悸や不眠などが増えてしまうかも

●附子

強心作用のアコニチンを含んでいるため、不整脈の原因になってしまうかも

●大黄

下剤にも使われているセンノシドを含んでいるため、下痢をしやすくなってしまうかも

逆の作用になっていないかを考える

漢方薬は身体を温める・冷やす、水分を補う・出す、といったように相反する作用のものがあるので、このような反対の作用をもつ漢方の飲み合わせも気を付けた方がいいです。

例えば、体を温めるための漢方があるとします。その漢方を飲んでいるところに体を冷やす漢方を飲んでしまったら効果が相殺されしまう可能性がありますよね。

そういった逆の作用のものを合わせて飲むこともありますが、意図せず併用してしまうのは良くないので、逆の作用かどうかを判断するのが難しい場合は処方されている医師に併用可能かを確認していただくのが理想です。

例えば、大建中湯(だいけんちゅうとう)と防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)はそれぞれ逆の作用を持っています。

  • 大建中湯・・・身体を温める効果がある
  • 防風通聖散・・・身体の熱をとり冷やす効果がある

大建中湯は胃腸の働きが弱っている場合などに処方されることのある薬で、手術後に継続して飲むこともあります。とにかくお腹を温めて、冷えによる様々な症状を改善することのが目的です。

一方、防風通聖散は身体に熱がこもっていることで起こる便秘などの症状に使います。つまり身体を冷やすのが目的です。

この2つの漢方薬を同時に飲むことはあまり考えにくいですが、一緒に飲むと上記のような反対の作用になってしまうので注意が必要かと思います。

余談

温清飲(うんせいいん)のように、身体を温める四物湯(しもつとう)と冷やす黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を合わせている漢方薬もありますが、これは長い経験のもと合わせるのが良いと判断されたものなので今回の例とは別です。2つ以上の漢方を飲む場合は作用が拮抗しないようにするのが基本となります。

まとめ

漢方薬の飲み合わせはとても難しいですね。

漢方だから一緒に飲んで大丈夫という意見もありますが、やはり上記のような理由でできるだけ注意を払って飲んでいただきたいです。

漢方薬は西洋薬(ロキソニンとかイブとかの漢方ではない薬)と比べると、この薬の飲み合わせはダメとはっきりしておらず判断が非常に難しいので、まずは処方されている医師に確認していただくのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です