noteの市販薬解説はこちら!

市販のステロイドの強さは?商品例も紹介

市販のステロイドの塗り薬を含めステロイドには成分ごとに強さの違いがあり、症状や使用する部位によって使い分けられています。

では、市販薬で販売されているステロイドの塗り薬は処方薬と比べて強さはどうなのでしょうか?

今回は、市販のステロイドの強さを処方薬と比較し、商品もいくつか紹介するので商品選びの参考にしていただければと思います。

また、処方薬に近い市販薬はどれか、そして実際に選ぶとしたらどれを選ぶのが良いのか?といった内容にも触れているのでご覧いただけたら嬉しいです。

市販薬のステロイドの強さ

さっそく市販薬のステロイドの強さを紹介します。

ステロイドの強さって何?というところから知りたい方は、後述しているのでそちらを先にご覧ください。

市販と医療用のステロイド一覧

この表の赤字が市販薬です。

ステロイドの強さはストロンゲストからウィークまでの5段階で評価されていて、市販薬にはストロンゲストとベリーストロングは存在しないので、ストロング以下のランクでまとめています。

市販薬で一番強いのは?(ストロング)

表からわかるように、Ⅲ群であるストロングが市販薬では一番強いランクとなっています。

具体的な商品は以下の通りです。

ベトネベート(第一三共ヘルスケア)

ベトネベートはステロイド成分としてベタメタゾン吉草酸エステルを配合した商品です。

ベトネベートN軟膏AS(ベタメタゾン+フラジオマイシン)とベトネベートクリームS(ベタメタゾン)があります。

ベタメタゾン吉草酸エステルは処方薬のリンデロンVやリンデロンVGの成分なので、リンデロンと同じ成分で探している場合はベトネベートが該当します。濃度も同じです。

フルコートf(田辺三菱製薬)

フルコートfはステロイド成分としてフルオシノロンアセトニドを配合した軟膏タイプの商品です。

抗生物質であるフラジオマイシンも配合されています。

市販薬の場合は抗生物質を配合した商品しかありませんが、処方薬の場合はステロイド成分のみの製品(フルコート軟膏、フルコートクリーム、フルコートスプレー、フルコート外用液)も存在します。

処方薬のフルコートF軟膏が市販薬のフルコートfと同じ成分で濃度も同じです。

市販薬で一番使われているPVA(マイルド)

市販のステロイド外用薬で一番使われているのは下から2番目のマイルドクラスで、その中でもプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)が最も使用されています。

市販のPVA製品

  • ムヒHDクールタイプ/しみないタイプ(池田模範堂
  • オイラックスPZリペア軟膏/クリーム(第一三共ヘルスケア
  • メディクイック軟膏R/クリームS(ロート製薬)
  • プレバリンα軟膏/クリーム(ゼリア新薬)
  • テレスHiクリームS(武田コンシューマーヘルスケア)
  • コートfAT軟膏/クリーム(田辺三菱製薬)
  • リビメックスコーワ軟膏/クリーム/ローション(コーワ)

商品数が多いので特徴的なものをピックアップして紹介します。

ちなみにPVAの濃度は市販薬の場合0.15%なので、処方薬の濃度の半分となっています。

ムヒHD(池田模範堂)

頭皮用の商品。容器も頭皮にピンポイントで塗れるように設計されています。

メントールの量によってしみないタイプとクールタイプに分かれているので、好みで使い分けられるようになっています。

コートfAT(田辺三菱製薬)

マツモトキヨシのプライベートブランド商品であるプレバリンαと成分構成は同じです。

他製品と同じようにステロイド以外にも複数の成分が配合されています。

特にリドカイン(麻酔作用)はかゆみに対して即効性が期待できるので、かゆみを今すぐ緩和したいという場合に向いています。

ただし、成分がたくさん入っていればいるだけ接触性皮膚炎(塗り薬によって逆にかぶれてしまう)のリスクも高くなるので注意が必要です。

リビメックスコーワ(コーワ)

ステロイド単独の製品です。

処方薬であるリドメックス(先発品)と同じ成分で探している場合はこの商品が一番近いですが、濃度は処方薬の半分となっています。

軟膏、クリーム、ローションタイプがあるので、症状に合わせて使い分けが可能です。

使い分け例
使用範囲が狭い→軟膏
使用範囲が広い→クリーム
頭皮→ローション
もしくは、刺激が少ないほうがいいなら軟膏など
(刺激性が少ない順:軟膏→クリーム→ローション)

PVA以外の製品(マイルド)

マイルドクラスの代表はPVAですが、ヒドロコルチゾン酪酸エステルも市販薬として使用されています。

処方薬ではロコイド(先発品)が有名です。

ロコダイン(クラシエ)

ロコダインはヒドロコルチゾン酪酸エステル単独の商品です。

軟膏タイプとクリームタイプがあります。

処方薬のロコイドと同じ成分で探している場合はこの商品が一番近いですが、ロコダインの濃度は処方薬のロコイドの半分となっています。

セロナ(佐藤製薬)

セロナはヒドロコルチゾン酪酸エステル単独の商品です。

処方薬のロコイドと比べると濃度は半分となっています。

軟膏、ソフト、クリームタイプがあり、ソフトは軟膏とクリームの間くらいの使用感です。

クリームが一番サラッとしていてのびがよいので、使用する範囲が広ければクリーム、狭ければ軟膏といった使い分けが考えらます。

刺激性の少なさで選ぶのであれば、添加物が少ない軟膏を選ぶのがよいでしょう。

抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンを配合したセロナQTシリーズもあるので、じんましんなどのかゆみの場合は選択肢の一つとなります。

★じんましんのかゆみについて★
じんましんのかゆみは基本的に飲み薬や冷やすことが有効とされていますが、塗り薬で対応する場合はステロイドはかゆみには効果が乏しいため、かゆみ止め成分(クロタミトン)や抗ヒスタミン薬(ジフェンヒドラミンやクロルフェニラミン)を使用するのがよいです。

市販のステロイド外用薬で弱いのは?(ウィーク)

ステロイド外用薬で弱いのはⅤ群のウィークに分類されている成分で、市販薬でもいくつか使用されています。

弱いランクのものは顔や目の周りに使用することが多いです。

身体などに弱いランクのものを使用しても効果がなかなか得られないので、基本的には優先度は低いかなと思います。

オイラックスA(第一三共ヘルスケア)

オイラックスAはステロイド成分としてヒドロコルチゾン酢酸エステルを配合しています。

処方薬では強力レスタミンコーチゾンコーワ軟膏に使用されている成分です。

オイラックスAの配合成分
ヒドロコルチゾン酢酸エステル/クロタミトン/ジフェンヒドラミン/グリチルレチン酸/アラントイン/イソプロピルメチルフェノール

コートfMD軟膏(田辺三菱製薬)

コートfMD軟膏はステロイド成分としてプレドニゾロンを配合しています。

処方薬ではプレドニゾロン軟膏と同じ成分で、コートfMD軟膏の濃度は処方薬の半分です。

コートfMD軟膏の配合成分
プレドニゾロン/グリチルレチン酸

抗生物質配合のメリット・デメリット

市販のステロイド外用薬には、抗生物質も一緒に配合された商品が数多く存在します。

例えば、同じベトネベートでも、クリームはステロイド単独ですが軟膏は抗生物質(フラジオマイシン)も配合されています。

このステロイド+抗生物質について、メリットとデメリットを解説します。

メリット

抗生物質を配合したことで、化膿した症状に対応できます。

化膿とは、傷口などから細菌が感染して炎症を起こし、赤く腫れたり黄色い膿などがでたりすることをいいます。

こういった症状に対応できることが抗生物質配合のメリットです。

デメリット

抗生物質は細菌をやっつけるので化膿に対応できますが、ステロイドはこの化膿を悪化させてしまうリスクもあり、素人判断ではなかなか適切に使用するのは難しいと考えられます。

膿が出るなどの化膿性の症状であれば、皮膚科を受診するのが無難です。

そして、市販薬に使用されているフラジオマイシンはかぶれの原因になりやすいと言われています。

通常の湿疹に使用するのであれば、抗生物質が配合されていない商品を選ぶようにしましょう。

処方薬に近いステロイド単独の製品まとめ

成分がたくさん入っている製品は副作用がでやすいというデメリットがあります。

特にこだわりがなければステロイド単独のもの、もしくは配合成分が少ないものを選ぶといいです。

選ぶ目安となるよう、処方薬と比較して紹介します。

ベタメタゾン吉草酸エステルの処方薬と市販薬

ベトネベートはリンデロンVと同じステロイド成分で、図のような関係性となっています。

注意点としてはベトネベートN軟膏のほうはステロイド単独ではないので、リンデロンV軟膏にフラジオマイシンをプラスした構成です。

そのため、ベトネベートN軟膏はリンデロンNG軟膏に近いと考えて良さそうです。

フルオシノロンアセトニドの処方薬と市販薬

市販薬のフルコートfはフルコートF軟膏と同じ成分構成で、図のような関係性になっています。

フルコートF軟膏とフルコートfはステロイド成分のフルオシノロンアセトニドに加えて抗生物質のフラジオマイシンも配合されています。FはフラジオマイシンのFですね。

ステロイド成分単独の市販薬は存在しません。

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルの処方薬と市販薬

市販薬のリビメックスはとてもシンプルで、処方薬のリドメックスと同じ成分です。

軟膏、クリーム、ローション全て一緒なので、分かりやすくなっています。

ヒドロコルチゾン酪酸エステルの処方薬と市販薬

市販薬のロコダインは処方薬のロコイドと同じ成分ですが、濃度が半分になっています。

添加物の種類は基本的に同じ(量は不明)なので、使用感なども近いです。

ステロイドの強さについて

ステロイドの塗り薬の強さについて簡単に解説します。

ステロイド外用薬の強さは5段階で評価されていて、その分類は以下の通りです。

ステロイドの強さによる分類
  • Ⅰ群(ストロンゲスト)
  • Ⅱ群(ベリーストロング)
  • Ⅲ群(ストロング)
  • Ⅳ群(マイルド)
  • Ⅴ群(ウィーク)
顔や陰部などの皮膚が比較的薄くてステロイドが吸収されやすい部位にはマイルド以下のものを使うことが良いですが、あくまで目安です。

処方薬の場合は医師が症状によって選択しているので、指示通りに使用しましょう。

治療の方針としては、強いランクから使用してできるだけ早く症状を緩和させるのが大事で、症状がよくなれば弱いランクへ移行したり、保湿剤へ切り替えたりします。

これによって、結果的にステロイドの使用量、使用期間を短くできると考えられます。

だらだらと弱いものを使用して全然よくならない、というのは避けたいですね。

ステロイドの塗り薬はどんな症状に使う?

ステロイドの塗り薬の効能効果はほとんどの場合で以下のようになっています。

市販のステロイドの効能効果

湿疹・皮膚炎・かぶれ・かゆみ・虫刺され・あせも・じんましん

このうち、ステロイドがしっかり効果を発揮してくれるのは湿疹や皮膚炎、あせもなどで、逆にじんましんにはあまり効果がありません。

じんましんに対しては少し前述していますが、治療は抗ヒスタミン薬などを飲むのが効果的で、かゆみ止め成分であるクロタミトンや患部を冷やすといった対応もある程度効果はあるとされています。

一方、じんましんに対してステロイドは臨床試験でも効果は乏しいとなっているので、症状の範囲が広い場合にあえてステロイドを使用するのはオススメできません。

じんましんの症状は一時的のことが多いので冷やすなどして様子を見るか、症状が気になるようなら皮膚科を受診しましょう。

市販薬で対応する場合は、クロルフェニラミン・ジフェンヒドラミン・メキタジンなどの飲み薬があるのでそれで対応するか、ステロイドは入っていないジフェンヒドラミンの塗り薬なども使用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です