noteの市販薬解説はこちら!

【漢方62番】防風通聖散は本当に痩せるのか?

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は一般的に「やせ薬」として定着している漢方薬ですが、本当に痩せるのでしょうか?

手軽に買える漢方で痩せることができたらこれほど嬉しいことはありませんよね。つらい食事制限や運動をせずに痩せたいものです。

今回は防風通聖散で痩せることができるのか、飲む際の注意点なども合わせて詳しく解説します。

防風通聖散で痩せるのか?

まず結論から話すと、防風通聖散で肥満改善や減量効果は認められています。(※1)

痩せるか痩せないかと聞かれたら痩せる薬なのは間違いないでしょう。

ただし、漢方薬とはいえ副作用があり、その副作用によって継続できない人がたくさんいるのも事実です。そして薬だけに頼るのもリバウンドしやすいのでおすすめできません。

では副作用なども含めてどういった事に注意すべきかを解説していきます。

※1 日本東洋醫學雜誌 56(6), 933-939, 2005-11-20

防風通聖散はどんな人に使う?

漢方は体質などによって向き不向きがあります。

では防風通聖散はどういった人が向いているのでしょうか?

向いている人

向いている人は以下のような体質の人です。

体温は高め
→防風通聖散はざっくり言うと体の余分な熱を取り除く薬です。発汗作用などによって熱を取り除き、それをエネルギー消費にかえて痩せるというメカニズム。そのため冷えている人ではなく熱を持っている人で効果を発揮します。

便秘がち
→お通じをよくする漢方なのでもともと便秘ではない人には効果が得られにくいです。

よく食べる
→食事量が多いと体内に熱が生じます。それをうまく発散できないと便秘などの体の不調につながり肥満傾向になりやすいと考えられます。そのためよく食べる人のほうが効果は得られやすいです。

向いていない人

大前提として、防風通聖散は肥満症の薬です。そこまで太っていない人は副作用も出やすいと考えれるので使用しないようにしましょう。

向いている人でも説明しましたが、冷え性の人も防風通聖散の作用の仕組みから考えると効果は得られにくいです。

そして、食事や運動の補助として使うのではなく、薬だけで痩せようとしている人も向いていません。体重を落とすだけなら薬だけでも可能かもしれませんが、体の余分な熱や水分が薬によって取り除かれただけで、飲むのをやめたらリバウンドの可能性大です。

食事や運動と合わせて使用すれば効果も高まると臨床試験で結果が得られています。
医療薬学Vol.34, No6(2008)

防風通聖散で痩せる仕組み

たくさんの生薬成分で作られているのでいろんな作用がありますが、防風通聖散で痩せると言われているのは以下のような作用によるものです。

  • 脂肪細胞を活性化してお腹についた脂肪を分解・燃焼する
  • 食事の脂質の吸収を抑える
  • 便秘を解消する(脂質を便と一緒に出す作用も)
  • 食欲低下

この内容に関しては小林製薬のサイトがとても分かりやすいです。

どんな副作用があるか?

防風通聖散は漢方の中では副作用が多いほうに分類されます。ではどのような副作用が考えられるでしょうか?

腹痛、下痢
→この副作用が原因で続けられない人が多い。ダイオウ、ボウショウ、カンゾウが含まれていて、この組み合わせが便秘解消に効果を示すのですが、逆に効きすぎてお腹が痛くなったりお腹を下してしまったりします。

不眠、動悸
→マオウが含まれているので眠れなくなることもあるかもしれません。

肝機能障害、間質性肺炎
→オウゴンが含まれているのでこのような副作用が出ることも考慮する必要があります。

偽アルドステロン症
→カンゾウが含まれているので偽アルドステロン症も考えなくてはいけません。初期症状としては手足のだるさやしびれ、こわばり、脱力感などです。カンゾウの量が増えれば増えるほどリスクは高くなるので漢方の併用なども注意しましょう。

偽アルドステロン症については芍薬甘草湯の記事で少し詳しく解説しています。

【漢方68番】芍薬甘草湯の効果と注意点

このように考えられる副作用は結構多くなっています。この中でも最初に考えるべきなのは腹痛・下痢で、飲み始めるときは1日1回にするなどして自分に合っているかを確認することが大切です。

他の副作用は頻度としてはかなり稀ですが、こういった副作用もあるということは知っておきましょう。

市販薬の例

防風通聖散は市販薬で購入可能というのも特徴の一つなので、いくつか紹介します。

ナイシトールZa(小林製薬)

ナイシトールZaは小林製薬から発売されている防風通聖散です。

特徴としては、市販薬の中では1日量が多く処方薬と同量になっています。

ナイシトールの他のラインナップはこのZaよりも少ない配合量なので、まずは少ないものから試してみるのもいいかもしれません。

コッコアポEX錠(Kracie)

コッコアポEX錠はKracieから発売されている防風通聖散です。

1日量が処方薬の60%となっています。飲みやすいフィルムコーティング錠なのは漢方薬の味が苦手な人にとっては助かりますね。

まとめ

防風通聖散の効果や副作用について紹介しました。

薬だけに頼らず、食事や運動によるダイエットの補助として使用するのが良いでしょう。

何から始めればいいか分からない、薬も自分で選ぶのは不安という人は医療機関での治療もできるので「肥満外来」や「ダイエット外来」などで検索してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です